ブラジャー

自分に合ったブラジャーの選び方って?

 

あなたは本当に自分にあったブラジャーをつけていますか?

実はほとんどの女性は自分に合っていないブラジャーをつけているんですよ!

 

もし自分に合っていないブラジャーをつけていないと、
胸が垂れたり、ボディーラインが崩れたり、胸の形が悪くなったり、左右の胸が離れたり、
高さの違うバストになったり、肩こりの原因となって、いいことなんてありません。

 

こういうことを防ぐために自分にあったブラジャーを選びましょう。

 

ちなみにブラジャーといっても種類もたくさんありますし、
メーカーによってサイズも多少異なります。

 

自分の正しいバストサイズを把握していても、そのサイズをそのまま購入するのはやめましょう。
必ず試着することが大事なのです。

 

ブラを試着するときにチェックすることはいくつかあります。

 

  • カップの上辺が食い込んだり、浮いたりしていないか確認しましょう。
  • 前中心部分が浮いていないか、苦しくないか確認しましょう。
  • アンダーバストが苦しくないか、ずれあがらないか確認しましょう。
  • 外した後に跡が残るぐらいきついものはNGです。
  • ストラップがずれたり、食い込んだりしていないか、苦しくないかを確認しましょう。
  • ストラップが浮いているのもダメです。
  • バージスラインにワイヤーがあたったり食い込んだりしていないか確認しましょう。

 

全部のチェックが終わり、最終チェックとして、ゴールデントライアングルを確認します。

 

正しいブラジャーを選び、正しくブラジャーをつけることによって、
鎖骨の中心と胸のトップを結ぶ先がきれいな三角形になります。

 

これをゴールデントライアングルというのですが、ブラを着用したときにきれいにできているか
鏡で確認し、できていたら自分にあったブラジャーということになります。

 

もし不安なら店員さんと一緒に選ぶといいと思いますよ!

 

この流れを忘れずにブラジャーを購入する際はかならず実践するようにしましょう!

 

正しいブラジャーのつけ方を大公開!

 

 

自分に合ったブラジャーを購入して、そのブラジャーをちゃんと正しいつけ方でつけていますか?

 

いくら自分に合ったブラジャーをつけていても正しくつけられていなければ、
バストによくありませんよ!

 

今回は正しいブラジャーのつけ方を紹介したいと思います。

 

ストラップを肩にかけて、ブラを下側からもって、体を前に倒してバストをカップの中にいれます。
体を倒したままで後ろのホックをとめます。

 

体を前に倒したまま、左手で左のストラップの付け根をもって浮かせ、
右手をカップの中に入れて、バストを包んで右肩方向へ引き上げます。
右側のバストも同じように行います。

 

バストをカップの中におさめたら、体を起こしてストラップを調節します。
鏡をみてブラが水平になっているかを確認します。
また体を動かしてブラがずれないかをチェックしましょう!

 

これが正しいブラジャーのつけ方です。

 

ぜひ、自分に合ったブラジャーを正しくつけて美しいバストを維持していきましょう!

 

 

アンダーバストを痩せさせる呼吸法はこちら!
(当サイトの該当ページにとびます)